当掲示板は、AuroCADマクロ屋本舗 の掲示板です。
AutoCADのマクロ に関する質問の前に 【 マクロ使用前の注意事項 】 を、必ずお読みください。

尚、新規投稿フォーム下の【 新規投稿時のお願い 】を確認の上、新規投稿をお願い致します。
カウントアップ文字編集の付加機能
いつも便利なマクロの提供ありがとうございます(^.^)
カウントアップ文字編集(数値のみ)についてなのですが、
例えば、101→201→301とカウントアップする時に
0101→0201→0301といったような頭に0をつけたままの加算のさせ方は可能でしょうか?
  • みかん
  • 2017/07/04 (Tue) 13:26:48
Re: カウントアップ文字編集の付加機能
24.カウントアップ文字編集
②カウントップ文字編集(文字付)

を、お試し下さい。

文字付加 前方で「0」を記入すれば可能です。
  • とってぃ
  • 2017/07/04 (Tue) 13:36:39
Re: カウントアップ文字編集の付加機能
私の使ってるので良ければ。

初めに入力した桁でずっと入力されます。
桁が増えても大丈夫。
001 002 003 004 .... 098 099 100 101 102 ... 998 999 1000 1001 1002

*^C^C$M=setenv;to;0;$(nth,$(getenv,to),;開始番号;\;to;1,;KETA;$(strlen,$(getenv,開始番号));;to;2,,,)$(nth,$(getenv,to),,,;開始番号;$(if,$(<,$(strlen,$(getenv,開始番号)),$(getenv,KETA)),$(substr,$(+,$(getenv,開始番号),10000000),$(-,9,$(getenv,KETA))),$(getenv,開始番号));;to;3,,)$(nth,$(getenv,to),,,,offset;;^X次の番号=$(getenv,開始番号)^X\$M="""$(if,$(getvar,cmdactive),;setenv;to;4,setenv;開始番号;$(-,$(getenv,開始番号),1);setenv;to;2)""",)$(nth,$(getenv,to),,,,,;to;3;change;@;@;;;;;;;$M="""$(if,$(getvar,cmdactive),,;p;;;;;;)"""$(getenv,開始番号);setenv;開始番号;$(+,1,$(getenv,開始番号));;to;2)^M

※クリックミスした時などは、右クリックすると番号が一つ戻ります。
  • Lon
  • 2017/07/04 (Tue) 14:26:45
Re: カウントアップ文字編集の付加機能
③カウントアップ文字編集(文字有無選択)
が使い勝手が良さそうでしたので試してみましたが
AUTOCAD LT2017では途中でとまって(?)しまいました。
2017で作動するよう修正いただけたら助かります、、、

以下、動作時のscriptです。

コマンド: setenv
変数名を入力: to
値 <0>: 0
コマンド:
SETENV
変数名を入力: c0
値 <初期値>: 初期値
コマンド: ray
始点を指定: *削除*
文字付加[無(L)/付(R)]*削除*
文字付加[無(L)/付(R)]
コマンド: setenv
変数名を入力: tt
値 <1>: 1
コマンド:
SETENV
変数名を入力: to
値 <0>: 1
コマンド:
コマンド:
コマンド: setenv
変数名を入力: to
値 <1>: 0
コマンド: ray
始点を指定: *削除*
文字付加[前方(L)/後方(R)]*削除*
文字付加[前方(L)/後方(R)]
通過点を指定:
コマンド: setenv
変数名を入力: iti
値 <0>: 0
コマンド:
SETENV
変数名を入力: TEXT
値 <100>: 0100
コマンド:
SETENV
変数名を入力: to
値 <0>: 2
コマンド:
コマンド:
コマンド: setenv
変数名を入力: to
値 <2>: 0
コマンド:
SETENV
変数名を入力: c1
値 <0100>: 初期値*削除*
初期値100
コマンド:
SETENV
変数名を入力: Count
値 <100>:
コマンド:
SETENV
変数名を入力: cu
値 <0100>: 100
コマンド:
SETENV
変数名を入力: to
値 <0>: 3
コマンド:
コマンド:
コマンド: setenv
変数名を入力: to
値 <3>: 0
コマンド: offset
現在の設定: 元のオブジェクトを消去=いいえ 画層=元のオブジェクト OFFSETGAPTYPE=0
オフセット距離を指定 または [通過点(T)/消去(E)/画層(L)] <通過点>:
オフセットするオブジェクトを選択 または [終了(E)/元に戻す(U)] <終了>: *削除*
  • みかん
  • 2017/07/04 (Tue) 17:25:43
Re: カウントアップ文字編集の付加機能
Lonさん

ありがとうございます!
右クリックで番号が戻るのは便利ですね!
こちらも早速、試させていただきます!(^^)!
  • みかん
  • 2017/07/04 (Tue) 17:28:28
Re: カウントアップ文字編集の付加機能
③カウントアップ文字編集(文字有無選択)を修正してみようかと思いましたが
マクロの流れが、
------------------------------------------------------------------------------
コマンド: offset
現在の設定: 元のオブジェクトを消去=いいえ 画層=元のオブジェクト OFFSETGAPTYPE=0
オフセット距離を指定 または [通過点(T)/消去(E)/画層(L)] <通過点>:
オフセットするオブジェクトを選択 または [終了(E)/元に戻す(U)] <終了>: *削除*
------------------------------------------------------------------------------
文字を選択するところで終わっているので
何が問題なのか分からないです。

上記のoffsetコマンドで、文字を選択してみて下さい。



また、Lonさんのマクロで解決でしょうか。
  • とってぃ
  • 2017/07/06 (Thu) 14:00:56
Re: カウントアップ文字編集の付加機能
ありがとうございます。
お時間のある時で構いませんので、もし解決されたらありがたいです(^.^)

開始番号100加算数50と入力した場合、offsetコマンドで文字をクリックすると、
10050
と文字が変更されます。
その時点でのscriptは前回と同じ内容で終わっています。

①カウントアップ文字編集(数値のみ) は問題なく使えるのですが。。

  • みかん
  • 2017/07/06 (Thu) 15:04:58
Re: カウントアップ文字編集の付加機能
①TEXT に 0
②初期値 に 100
③Count に 50

入力して文字を選択してみて下さい。

0100⇒0150⇒0200

となるはずです。


ただし、このマクロは上記のまま文字を選択していくと

0950⇒01000⇒01050・・・

となりますのでご了承を。


  • とってぃ
  • 2017/07/06 (Thu) 15:21:49
Re: カウントアップ文字編集の付加機能
使い方が間違ってたのですね、失礼いたしました。
理想通りのカウントアップができました!
業務上、100ごと加算して連続入力をすることがあるので、
これで時間短縮できそうです。
どうもありがとうございました。
  • みかん
  • 2017/07/10 (Mon) 10:58:49

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)